b型肝炎が肝臓癌に移行するまで

b型肝炎ウイルスに感染することで起きるb型肝炎は、稀に肝臓癌につながる恐れがあります。ただしb型肝炎を発症してすぐに肝臓癌になるのではなく、癌を発症するまでにはいくつか段階があります。少しでも肝臓癌への発症のリスクを減らすためには、b型肝炎から肝臓癌へ移行するまでの流れや状態を知り、早期に対応することが重要です。


b型肝炎とはどのような病気か

b型肝炎ウイルスに感染すると、肝臓内でウイルスが繁殖するようになります。すると免疫機能がウイルスを排除しようと攻撃するのですが、この時正常な細胞にも負荷がかかるため、炎症が起こります。このb型肝炎ウイルスによって起きた炎症がb型肝炎になります。

なおウイルス性の肝炎は、b型肝炎以外にもa型・c型・e型等があり、それぞれ症状の現れ方や感染経路が異なります。b型肝炎ウイルスの場合、a型・e型と異なり食事・水・便を介して感染することはありません。b型肝炎ウイルスの場合、主に血液や体液を介して感染します。

そのため輸血・注射器の使い回し・性行為等で感染する恐れがあります。また、b型肝炎ウイルスは非常に感染力が強く、傷口に触れることで感染する可能性があります。同様の感染経路をたどるc型肝炎ウイルスと異なり、母子感染の可能性も高いです。

関連記事:輸血による感染は対象外?b型肝炎をめぐる訴訟の歴史と豆知識

成長してからb型肝炎ウイルスに感染した場合

b型肝炎の症状の現れ方は、子供の頃とある程度成長してからでは異なります。ある程度成長してからb型肝炎に感染した場合、1か月から半年間の潜伏期間を経て、急性肝炎を発症することが多いです。急性肝炎を発症すると、食欲不振・吐き気・褐色尿・黄疸といった症状がみられるようになります。

これらの症状が現れた場合、通常は水分や栄養を点滴などで補いながら、体内でb型肝炎ウイルスの抗体ができるのを待つことが多いです。

ただし、急性b型肝炎で気をつけなければならない場合があります。

それは劇症肝炎を発症した場合です。劇症肝炎とは肝臓の炎症が激しく、肝臓の機能が著しく低下した状態。この状態になると肝不全に陥り、生命機能の維持も難しくなってしまいます。この場合はすぐに抗ウイルス薬を投与し、b型肝炎ウイルスの数を減らす必要があります。

なお、成長してからb型肝炎を発症した場合、慢性肝炎につながることは非常に少ないです。

小さい頃にb型肝炎に感染した場合

母子感染など、小さい頃にb型肝炎に感染した場合、すぐに症状が現れるわけではありません。幼少期の頃、身体はb型肝炎ウイルスと共存関係にあります。しかし成長と共に免疫機能が発達すると、b型肝炎ウイルスを異物と認識、ウイルスを排除しようと攻撃し始めます。

この時正常な細胞も攻撃してしまうので、肝炎の発症につながるのです。小さい頃からb型肝炎に感染した場合、多くは10代~30代で一度強い肝炎を発症します。その後、多くの場合はb型肝炎ウイルスの活動が落ち着き、肝炎を発症する確率も少なくなります。

しかし稀に慢性肝炎に移行、肝硬変や肝臓がんにつながる場合もあります。

b型肝炎は肝硬変につながる

b型肝炎ウイルスが体内に残り、慢性的に炎症が起こると、肝臓の細胞は常に免疫機能の攻撃を受けている状態になります。攻撃を受けた細胞は一度壊され、再生します。しかしこの再生と破壊のサイクルが繰り返されると、やがて肝臓の細胞にかさぶたのようなものができ、次第に固くなっていきます。

この細胞が固くなった状態が肝硬変です。肝硬変は重症度によってさらに2種類に分かれます。肝臓の機能がまだ保たれている状態のときは、「代償性肝硬変」と呼ばれ、自覚症状はほとんど現れません。肝臓の働きが少し低下してくるため、食欲不振や全身倦怠感が現れる程度です。

一方「非代償性肝硬変」の状態になると、肝臓の機能を正常な細胞だけで支えきれなくなり、身体に様々な不調が生じるようになります。肝臓の働きが悪くなると、白目や肌が黄みを帯びる黄疸が現れます。また血液中のタンパク質の量が少なくなることで、むくみも生じます。

さらにアンモニアを無毒化する働きが悪化することで、血液中に有害なアンモニアが増え、意識障害などの肝性脳症を引き起こす恐れがあります。そして肝臓が固くなることで血液の流れが乱れ、食道の静脈などに血栓を作ることもあります。

食道静脈瘤が破裂すると死につながるリスクが高まるため、内視鏡を用いた治療が必要になります。

関連記事:b型肝炎ワクチンの種類とその違い

b型肝炎は肝臓癌につながる

b型肝炎が慢性化し、肝硬変を発症すると、やがて肝臓がんも発症するようになります。b型肝炎ウイルスが肝臓内に留まっていると、免疫機能は細胞を攻撃。攻撃を受けた肝細胞は損傷と再生を繰り返していきます。この損傷と再生のサイクルを繰り返す中で、希に遺伝子異常が生じることがあります。

この遺伝子異常によって発生した細胞によって起きるのが、肝臓癌です。肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、かなり悪化してからでないと症状が出にくい臓器として知られています。

ただし肝炎から肝臓癌に移行した場合、黄疸や腹水といった症状がみられることがあります。また肝臓そのものには痛みを感じる場所はないのですが、がん細胞が増殖することで他の部分を刺激し、痛みを感じることがあります。

例えば肝臓を覆っている被膜が伸ばされると、身体の内側から痛みを感じるようになります。

肝臓の外に突き出すようにがん細胞が増殖していった場合、腹腔内に破裂が起き、急激な痛みと血圧低下を引き起こす恐れがあります。肝臓がんの場合、がん細胞を取り除くか、放射線や抗がん剤でがん細胞を減らしていく必要があります。

しかしがん細胞は血液を通じて他の臓器に転移する恐れもあります。肝臓癌まで悪化する前に、できるだけ早めに肝臓をケアすることが重要となります。

関連記事:b型肝炎に関する無料で利用できるサービスについて

肝臓に負荷をかけないようにしよう

b型肝炎ウイルスに感染している場合、肝臓はダメージを受けやすい状態になっています。そのため肝臓に強い負荷をかけると、慢性肝炎・肝硬変・肝臓癌につながりやすくなります。特にアルコール・食べすぎは肝臓に強い負荷をかけます。

アルコールは肝臓内で無毒化され、尿と一緒に放出されます。しかしアルコールの摂取量が多いと、肝臓に負荷がかかり、肝臓内に脂肪が溜まりやすくなります。アルコールを分解する際に、中性脂肪が作られるからです。また肝臓は脂肪酸やブドウ糖を中性脂肪として保管しておく役割を持っています。

しかし中性脂肪が肝臓内に溜まりすぎると、やがて脂肪肝となり、慢性肝炎・肝硬変・肝臓癌を発症しやすくなります。b型肝炎ウイルスを保有している場合、肝臓の機能が低下している可能性があります。すると脂肪肝なども発症しやすくなるので、できるだけ肝臓に負荷をかけないようにする必要があります。

アルコールや食べすぎには注意しましょう。